Top >  メニュー >  焦らされた妊娠判定

焦らされた妊娠判定

"生理が遅れた上に、平熱が低いせいか熱っぽさもあり、妊娠したかもとすぐに思いました。一応、生理予定の2週間を待って、妊娠検査薬で検査したらはっきりと陽性になり、産婦人科へ行きました。
ところが一度目は、胎嚢がはっきりと見えないと言う事から、明確な妊娠には至らず、また一週間後に受診する事に。
すでにつわりのような症状もあったので、私自身は間違いないと思っていましたが、一週間後の診察では、胎嚢は確認出来たものの、すぐ近くに出血の痕があるため、流産するかも知れないと流産止めの薬を服用する事になりました。
結局、きちんと妊娠していますと言われたのは、最初の診察から3週間後。
それまでは本当に不安な日を過ごしたので、母子手帳を貰って来て下さいと言われた時はもの凄く嬉しかったです。
後から聞いた話によると、そこの産婦人科は不妊治療でとても有名な病院で、ゆえに妊娠判定はとても慎重になるとの事でした。
他の病院なら、あっさり妊娠していると言われたかもと言われ、そういう事もあるんだな、と思いました。"

メニュー

関連エントリー

結婚相談所でのタブー 再婚者の結婚相談所 結婚相談所と年齢 結婚相談所の口コミ 結婚相談所で結婚 結婚相談所のスタッフ 結婚相談所の探し方 結婚相談所の見学 結婚相談所の実績 結婚相談所とカウンセリング 意外な対立で苦労しました 後悔しないように・・。 クリスマス 今、欲しいもの 恥ずかしかったデート 私の好きなデートプラン 初デートはどう過ごす? 誰かと時間を共有する幸せ 晩婚について思うこと 晩婚も良いと思います。 晩婚など結婚にまつわることで私が思っていること 結婚生活における夫への3つの希望 大切なこと! 結婚相手に必要なもの。 残りの人生を一緒に歩いてくれる人と結婚 40代で結婚するのは迷う 新婚気分は3年位じゃないでしょうか 私が結婚をして姓が変わる事についての感想 焦らされた妊娠判定 長男の嫁はつらいよ